【にきび】どうしてできてしまうの?

お肌のトラブルはさまざまにありますが、今月は『にきび』について考えていきたいと思います。

にきびというと、『若い頃にできるもの』『思春期にできるもの』というイメージが強いかと思います。

ところが、年齢関係なく、大人になっても『にきび』になやんでいる人も多い事実…

(あっ、よく年齢で『若い頃にできるものを【にきび】、大人になってからできるものを【吹き出物】と言わなくてはいけない、というような風潮があるようですが、私は基本的に一律して【にきび】と呼んでいるので悪しからず…。。)

では、どのようにしてにきびができてしまうのか、そこからまずご説明していきましょう。



私たちのお肌は、みなさんご存知の通り代謝を繰り返しています。

このお肌の代謝のことを、お肌のターンオーバーと呼んでいます。

ターンオーバーは28日を周期。

新しく生まれた肌細胞は、28日後には垢となって、その使命を終えます。


一言で言えば、このターンオーバーのサイクルが乱れることで、にきびができてしまいます。

毛穴には皮脂腺が存在しており、お肌の保護や保湿のために皮脂を皮膚表面に分泌しています。

もし、ターンオーバーが悪くなってしまうと…

本来剥がれ落ちていくはずの角質が肥厚し、毛穴を閉じさせてしまいます。

そうすると、分泌した皮脂の行き場がなくなり、毛穴の中に溜まってしまう…

こうして、にきびが形成されてしまうわけです。


にきびにも様々な種類のものが存在します。

毛穴の中で皮脂が溜まってしまっているだけのものを、白ニキビ

白ニキビの状態でアクネ菌などのにきびの原因菌により、炎症が起こってしまったものを、赤ニキビ

にきびの原因菌と白血球が戦い、その残骸となった膿が溜まったものを、黄ニキビ

にきびまでにならなくても、皮脂が毛穴の出口で固まってできてしまうコメド(角栓)というものもあります。

このコメドが形成されることで、その後、大きなにきびに発展してしまうことも…。


このように、状態によってにきびにはいろいろなものがあるんです。

人によって、できやすいにきびが異なるのも事実…。。

そして大きくなればなるほど、治りにくくなってしまう…


本当ににきびって、厄介なやつなんですよね。。



===2月キャンペーン===

にきび集中ケアコース

詳細は



このブログの人気の投稿

【Blog特典有り♪】Wホワイトコース、はじめました!

【7月キャンペーン♪】夏の肌トラブル…ブリコで定期的なケア、してみませんか?

【にきび】できてしまう原因は?