投稿

2月, 2017の投稿を表示しています

そろそろ始まる花粉のシーズン…

イメージ
こんにちは、ぶり子です。

ここ最近になって、お客様から『花粉』というキーワードをチラホラ聞くようになってきました。

まだ2月ではありますが、1日だけ急に暖かくなる日も何日かありましたね…

それを皮切りに、花粉症持ちの人は、そろそろ症状が現れはじめているようです…

花粉症の症状として、くしゃみや鼻水、目の痒みなどを訴える人が多いですが、この季節の変わり目、『お肌も揺らぎやすい』というお声もよく聞きます。

お肌に対する花粉の症状は、炎症、かゆみ、かぶれなどがあげられます。

これらの花粉症のアレルギー反応は、過剰に反応した免疫機構によって起こるものです。

私たちの身体は、体内に異物が侵入してくると、免疫機構がはたらいて異物を攻撃します。

その際に、ヒスタミンという物質が産生されるのですが、それが原因となって起こるのがアレルギー症状です。

アレルゲンとされるものは、一般的に無害なものがほとんど。

身体の免疫が勘違いを起こすことで発症してしまう、厄介な反応なのです。



確かにアレルギー反応は免疫機構の勘違いでもあるのですが、それ以前にアレルゲンが体内に侵入しやすくなっている、という点にも原因があると考えられます。

ようは、お肌が乾燥しているということ。

お肌の保湿は、皮脂、角質細胞のNMF、角質細胞間に存在する細胞間脂質のセラミドによって水分を保持しています。

角質層は、NMFとセラミドが水分をキープしていることで保湿されています。

そして、皮脂はこれら角質層内の水分が蒸発されるのを防いでいます。

まず、この皮脂の分泌が少なくなると角質層の水分が蒸発されやすい状態になってしまいます。

こうして皮脂の分泌が少なくなって、角質があらわになってしまうと、簡単にお肌内部の水分は奪われていってしまいます。

特に、空気の湿度が50%を切ってしまうと、急激にお肌の水分が奪われ始めてしまいます。

角質細胞は、枯れ葉状に積み重なって構成されています。

その細胞間を埋めているのは細胞間脂質がキープしている水分です。

角質細胞の隙間を埋めることで、お肌の中に有害な物質や菌などが侵入してこないように守っています。

ですが、このようにお肌が乾燥してしまうとお肌のバリア機能を果たせなくなってしまい、お肌がカサつくとか粉を吹いてしまう、といったようなお肌の乾燥症状だけではなく、アレルギー症状のような肌トラ…

ビタミンCの美白作用

イメージ
こんにちは、ぶり子です。

まだまだ寒い日が続きますね〜

でもだんだんと日が延びて来ているのが嬉しいです!

早く暖かくなってくるといいですよね〜



前回、イオン導入のお話をかかせて頂きました。

イオン導入は、微弱な電流を流すことで、イオン化した美容液成分を、その力を利用してお肌の奥へ浸透させてあげるという施術です。

イオン導入には、さまざまな美容液を利用することができますが、ぶり子が特にお勧めしているのが『ビタミンC』です。

ビタミンCのお肌への効果は、どなたもご存知のことと思います。

主に、美白効果として有名な成分ですね。

その他にも、にきびや抗炎症、コラーゲンの生成にも関与しています。

私はお店で、お客様に『ビタミンCは、できてしまったメラニン色素を早く排出させる』とご説明させて頂いていました。

そしたら、お客様に『え、じゃあお肌の代謝がすごく早くなるっていうことですか?』と聞き返されました。


う〜ん、、そうではない、、


だけれども、確かにできてしまったメラニンを排出するには、お肌のターンオーバーが促進されないといけない、、

でも、肌のターンオーバーを促進させるのはピーリングであり、ビタミンCにピーリング作用があるなんてこと、聞いたこともない、、

とはいえ、メラニンだけ上手に排出されると言うことも考えられない、、


痛いところを突かれたなぁ〜、、と思いましたw

そうして、宿題にさせて頂いたのですがw

ここで、宿題を提出させて頂きたいと思います。。



日本人では、色白であることを好まれます。

多くの女性は、いくつになってもシミやそばかすのない、一点の曇りもないお肌を目指しています。

そのために、多くの美白化粧品が開発されるようになりました。

美白と言えばビタミンCですが、その他にもたくさんの美白に効果的な成分がありますね。

たくさんありすぎると、一体どの美白成分を選べば良いのか、混乱してしまうでしょう。

実は、ひと言で『美白』といっても、それぞれの成分によって、働きかけ方が異なります。

シミやそばかすは、紫外線に当たることでメラノサイトという、メラニンを産生させる工場が活発になり、メラニンを産生します。

簡単に説明をすればこのようですが、この過程をもっと細かく見ると、もっともっと細かい過程があります。

実は美白化粧品の成分のそれぞれは、この過程に対して働きかけるポイント…

イオン導入のおすすめ。

イメージ
こんにちは、ぶり子です。
今日は、ブリコでのメニューについてご紹介させて頂きます。

ブリコのメニューは、あまりたくさんの数がありません。
というのは、お客様のお肌はいろいろにありますので、お肌別にコースを作っていたら、ものすごい数のコースになってしまうから、、
ですので、基本のお手入れのコースだけ作って、それにオプションでお肌別や体調別にオプションを付けて、お客様にとってベストのコースが作れるようなものにしています。
基本的に、フェイシャルのコースは、クレンジングからはじまり、ジェルを使ってお肌のトリートメントをしていきます。
ここで、トリートメントによってお肌の血流を促したり、凝りをほぐしたりしていくのですが、それと同時に私は、お客様のお肌のテクスチャーや筋肉の凝りなどを診ています。
それから、パックを施していきます。
パックは酵素をベースとしたパックです。
酵素は、たんぱく質を分解する効果があります。
ご存知の通り、お肌もたんぱく質で出来ていますから、お肌に不要となった角質汚れを取っていくことができます。
また、パックにははちみつも入れています。
はちみつには、水分を取り込む保湿効果、にきびなどに効果的な殺菌効果、また抗酸化作用に効果的なポリフェノールも含まれているので、アンチエイジング効果もあります。
酵素とはちみつのパックをしただけで、お肌の赤味が落ち着いたり、スキントーンが上がる方が多いです。
パックの後には美容鍼灸を施していきます。
美容鍼灸は、お顔に鍼を刺していくことでお顔のツボを刺激していくだけではなく、コラーゲンの生成を促していきますので、お肌のハリやリフトアップ効果があります。

これまでがベースのお手入れなのですが、ぶり子はこのあとにオプションで行うイオン導入をおすすめしております。
イオン導入とは、身体に微弱な電流を流すことで、その電流の力を使って美容液成分をお肌の奥深くに浸透させていくと言うものです。
施術自体は、手首に端子を付け、お顔には美容液を塗布しながらローラーを転がしていきます。
施術自体は、非常に地味なお手入れなので、実際にきちんと効果があるのか、疑問な方も多いかもしれません。
ですが、イオン導入は、美容皮膚科でも行われているものです。
美容皮膚科で行われる治療と組み合わせて行っているところが多いようです。
例えば、ケミカルピーリ…