【鍼灸適応症】肩こり

まだまだ鍼灸がどのようなものに効果があるのか…まだまだご存じない方も多いようですので、ここでは鍼灸が効果を発揮する症状と、そのアプローチ方法についてご紹介していきたいと思います。
今回は、現代人の多くの人が悩みを抱えている、肩こりについてご紹介していきます。




 肩こり                              



【症状】

肩こりの症状は、人それぞれです。感覚の問題だといっても良いでしょうか、、
筋肉が緊張しているような感覚、鈍痛、一瞬走るピキっとした痛み、重だるい感じなど、様々です。肩の筋肉がパンパンに張っているのに、痛みを感じない…という人もいるくらいです。
痛みが生じる部分もそれぞれですが、肩ですと肩先と首の付け根の中間くらい、筋肉で言うと、僧帽筋の上部に当たる部分が凝る方が多いようです。
その他にも肩甲骨の間である菱形筋エリア、肩甲骨上、脇に近い腕の付け根が痛むという人もいます。




【原因】

●長時間の同じ姿勢
●姿勢の悪さ
●眼精疲労からくるもの
●ストレス
●寝不足


肩こりの原因は、長時間の同じ姿勢や使いすぎによるものがほとんどです。仕事がデスクワークでPCを使う人がほとんどなこの世の中、肩こりは現代病のひとつであると言っても過言ではありませんね、、
それからデスクワークやスマホを使う姿勢は、首が前に出てしまったり、肩が前に出て猫背になってしまいやすいです。長時間の同じ姿勢から、姿勢が悪くなり、慢性的に肩こりへ移行しやすくなってしまいます。
また、PCやスマホを使用することは、目にも負担がかかります。眼精疲労は、そのまま首や肩こりへ繋がります。東洋医学では、目と肝臓、肩は繋がっているとも考えられています。
直接的に肩を使うようなものが原因であるとも限りません。ストレスや睡眠不足もまた、肩こりの原因となります。ストレスがたまっていると、無意識のうちに身体が緊張状態になります。睡眠不足も、身体がしっかり休まっていなかったり、また自律神経が乱れることでも肩こりの症状がでてきます。




【対処法】

肩こりのアプローチは、さまざまにあります。凝り固まった肩の筋肉をほぐすことで、症状は改善されますから、それができれば何でもよいw
例えば簡単にできるものから挙げると、ストレッチやお風呂に入って患部を温め、ほぐすこと。自分のセルフケアでは何ともできない場合は、ヨガやマッサージ、トリートメントなどで専門家にケアしてもらうとよいでしょう。

私は、鍼灸師ですので、肩こりのアプローチ方法として、やっぱり鍼灸をおすすめしたくりますw
マッサージやトリートメントなどとの圧倒的な違いは、身体の内部へアプローチすることができると言うことです。
マッサージなどは、身体の外部から圧をかけることで血流を促して筋肉をほぐしていくものです。ですので、どうしても外部からだけのアプローチになってしまうので、ケアも限られてしまいます。
それに対して鍼灸は、原因の凝っている筋肉に対して、鍼を刺すことで直接内部までアプローチすることができます。
凝っている筋肉に直接刺すことで、その部分に自然治癒力を集約させ、回復を早めるのです。
薬などを使用するわけではないので、とてもナチュラルな治療法だといえます。





簡単に説明すると、このような感じでしょうか?
確かに鍼灸は肩こりに効果がありますが、その根本原因となる姿勢不良やストレス、睡眠不足の改善は個々に行う必要があります。
全て任せっきりじゃ、完全には良くならないと言うことですね。


頑固な肩こりで悩んでいる方、是非そのケアとして、鍼灸にトライしてみてはいかがでしょうか?







* * * * * * * * *


【鍼灸、美容鍼灸をまだ経験したことがない方へ】

spa Bricoでは、まだ鍼灸や美容鍼灸に興味があっても、まだ勇気がなくてトライしたことがない方へ、トライアルコースをご用意しております。
マッサージやトリートメントが中心のコースに、お試しの鍼灸・美容鍼灸が体験できるコースです。
是非この機会に、鍼灸を体験してみてはいかがでしょうか?




ご予約お問い合わせ、心よりお待ち申し上げております!



spa Brico

03-6666-4103


このブログの人気の投稿

【にきび】できてしまう原因は?

【にきび】どうしてできてしまうの?

『にきびケアコース』『エイジングケアコース』モニターさん募集致します。